barus's diary

とても真面目なblogですにゃ

関東に上陸した後の台風の予報円、大げさであてにならない。

予報円が大げさすぎやないか?と個人的に感じる。

 

予報円は、太平洋上を北上してくる台風が

日本のどこに上陸してくるか進路を知る場合には

ありがたい情報なのですが。

 

関東に上陸した後の台風の

予報円程大げさで、あてにならない。と感じる。 

 

(平成29年)2017年10月に発生した台風21号は

1959年の伊勢湾台風と進路が似ているといわれ

超大型台風と「超」がつけられて報道された。

f:id:hatakeka:20171023073534p:plain

 

 

この台風21号(LAN)なのですが

 

10月22日(日曜日)は衆議院選挙と重なり

選挙特番と台風報道が交互に行われたので

記憶している方もおおいだろう。

 


この超大型で強い台風21号は

23日午前3時10分ごろ、

静岡県御前崎市付近に上陸した。

 

 

その2時間~3時間後の

①予報円

②気象画像

②関東の様子

スクリーンショット画像が以下である。

 

 

①(平成29年)2017年10月23日8時の予報円

f:id:hatakeka:20171023085217p:plain

 ②(平成29年)2017年10月23日6時30の気象画像

f:id:hatakeka:20171023071910p:plain

③(平成29年)2017年10月23日7時の関東の様子(渋谷ライブカメラ

f:id:hatakeka:20171023071844p:plain

 

以上の①~③の画像を見て

何か感じるところはないだろうか? 

 

①の予報円だけみると8時頃の関東は暴風域で

いまだに大雨が降ってそうなイメージがある。

 

予報円の画像を注意深くみると、下の方に

予報円の赤い円は25m/s以上の暴風域と書いてあり

黄色い円は15m/s以上の暴風域と説明している。

予報円は確率なので、必ずしもそうではないのですが

パッと見は、赤い円の中は暴風域だろうなと思う。

 

ところが、②の6時半頃の気象画像を見ると関東には雲の隙間があり

ところどころで晴れが広がっているのが想像出来る。

実際、③の7時頃の渋谷のライブカメラの人々の様子では傘をさしておらず

雨が降っていないのが分かる。

  

なので、関東らへんに上陸後の台風の予報円は

大げさすぎやないか?と個人的に感じる。

 

これは、今回の台風に限ったことでなく

関東に上陸した後の台風はたいしたことないな。

と、毎年感じることだ。

 

 

 その理由として、専門家ではない素人考えとして

・内陸では台風の勢力を削ぐこと

季節風が吹いて速度をましていること

が考えられる。

 

にも関わらず、台風のすごい状況をお伝え出来ず

ポツポツ雨の中、もはや単なる雨の様子を実況する

リポーターはこの時期の間抜けな風物詩となっている。

  

この予報円の範囲は

太平洋上にある場合と、日本に上陸した場合とで

検討されるべきではないかと思う。

  

しかしながら、

日本に上陸といっても沖縄に上陸した場合と、

関東に上陸した場合では勝手が違う。

 

そういったことも含めて 、もっと現実に即した

直観的に分かりやすい表示をして欲しいなと思った。

 

  

 

以上。